自損事故の補償をつけるか

相手がいなくても給付が受け取れる

自動車事故において、自動車同士が衝突して起こるものには相手がいます。過失割合が問われるものの、正面衝突だと10対0は少なく、相手が信号無視をしていても過失を問われるときもあります。その時に搭乗者などにけがなどがあるとき、搭乗者傷害保険などに加入していれば給付が受けられます。では相手がいないような事故の時はどうかです。ガードレールにぶつかったりがけから落ちたりするときです。自分で起こした事故で搭乗者にけがを負わせた時には、自損事故傷害特約に加入をするのが良いとされます。重過失の時には受けられませんが、運転ミスで自損事故になってしまうケースはそれなりにあるでしょう。その時に給付が受けられる手段があるのは助かります。

他の保険でカバーできるなら不要になる可能性

自動車保険には多くの特約があります。保険の営業担当者はどんどん特約を付けてもらおうと特約のメリットを話してくれます。するとそれもつけたい、あれもつけたいと特約を増やしてしまう可能性があります。特約を増やせばその分保険料が上がります。特約の中には補償内容が重なっているものもあるので、ある特約を付けるなら別の特約は不要になるときもあります。事故で搭乗者にけがをさせてしまったとき、自損事故であれば自損事故傷害特約に入っていると安心です。搭乗者の治療費などを補償してもらえます。それ以外に人身傷害保険も同様に搭乗者の治療費を補償する特約です。自損事故以外に相手がいる事故でも使えるので、こちらに入るなら自損事故傷害特約は不要かもしれません。