補償の金額はいくらにするか

対人や対物への賠償は無制限を選択する

自動車を保有すると必ず入らないといけないのが自賠責保険です。一方で任意保険は加入は自由で、入り方も補償額をどうするかも自由に決められます。自賠責保険は対人に対する損害賠償に対応するもので、相手が亡くなったときなど条件により上限が決められています。上限以上の損害賠償を受ける時もあり、それに対応する必要があるでしょう。補償額の決め方として、対人や対物の賠償は無制限にしておくのが一般的です。どんなトラブルが起こるかは保険に入ったときには予測ができません。損害賠償が数百万円程度で済むのか、数億円以上かかるのかわからないので、安易に1億円等と決めると損害賠償に不足が生じます。損害賠償を訴える相手のためにも、無制限にしておきましょう。

自分自身に関わる部分は保険料を考慮

自動車保険の任意保険で必ず入っておきたいのが、対人や対物に対する損害賠償です。相手に損を与えてそれに対する賠償責任を負うために入っておきます。それ以外に特約として自分のための補償を受けたりもできます。自分の自動車の修理代金や、怪我をしたときの治療費、搭乗者の治療費などを保険給付で補えます。では補償額はいくらに設定するのが良いかですが、そもそも自分に対する保険は必ずしも必要ではありません。けがや病気の保険は生命保険などに入っているでしょうから、わざわざ自動車保険で入る必要がないからです。ただ入っていると安心できる部分もあるので、保険料に無理がない程度の金額を設定すると良いでしょう。シミュレーションをしながら決めましょう。