車両保険をつけるか

何を補償してくれるかを知って加入する

自動車保険に加入するとき、できるだけ保険料を安くしたいと思う人は多いでしょう。その時に付けるかどうか迷う特約に車両保険があります。つければ当然保険料は上がります。つけなければ受けられるはずの保険金が受けられなくなります。まずは何を補償しているのかを確認しておきましょう。まず車両の修理費用の補償としての役割があります。自動車同士の衝突の他、物への衝突などで破損した時に修理費用を出してもらえます。それ以外に盗難やいたずらの備えができます。近所に子供が多かったりいたずらが多いなら、つけた方がいいかもしれません。保険のタイプで異なりますが、災害への備えとして使えます。地震と水害では対応が異なるので、保険内容を確認して加入するようにしましょう。

せっかくつけたのに修理代を自費負担する人

自動車保険の特約に車両保険があります。自動車を購入するときに保険の代理店から勧められてつける人もいるようです。事故などで破損が生じたら、保険を使って修理費用を補てんしてもらえます。つまりは無料で修理ができます。免許取り立ての人や、ガードレールなどでする経験のある人は入っておこうと思うかもしれません。でも意外に多いのは、特約を付けていながら使わない人です。保険を使って修理をすると、翌年以降の等級に影響します。等級が下がるとその分割引率が減るので、保険料アップになります。受ける保険金より、将来の保険料アップの方が大きい可能性があり、それならと使わずに自費で修理をするようです。入っても使わなければ、特約の保険料分が無駄になってしまいます。